その他

【5v5大会 あけおめ杯】結果発表と感想、反省や今後について!【Vainglory】

2019年1月18日に開催したVainglory 5v5大会「あけおめ杯」無事終わりました~~~~!!

主催は初めての大会だったけど、関わってくれた全ての人のご協力によりスムーズに進んだし、試合も白熱しっぱなしで本当に面白かった。楽しかった。ありがとうございました!

以前共催で開いた大会「七夕杯」のでも良かったですが、個人的にはあけおめ杯のほうが熱かった!

ということで結果発表と、感想や反省点まとめを書いていきます。

あけおめ杯結果発表!

優勝は「END ONE」でしたーーーー!おめでとうございます!!

大会アーカイブ

こちらが大会のアーカイブになります。備考欄に試合開始の秒数を書いてあるので、飛んでいただければすぐに試合が見れますよー!

大会運営にご協力いただいた方

今回の大会は、以下のメンバーで開催・運営しました。(名前をタップでTwiiterに飛べます)

改めてこの場で御礼申し上げます。ほんとにありがとうございました…!

pArisさんはご自身のYoutubeチャンネルにて解説動画を上げていて、大会の解説も非常にわかりやすかったです!実況しながら勉強しまくってました。

ぱるさんは「運営お手伝いしますよ!」とお声かけ頂き、配信中の試合進行をしていただいて非常に助かりました。ここ一番不安だったので、感謝してもしきれません!

モデレーターは前大会に引き続きミスト。いつもありがとう。

そして、てんてんわんさんは何とオリジナルのグウェンキーホルダーを景品として提供してくれました!

完成度が高すぎる…最高だ…。END ONEのみなさんにお送りします!そしてぼくも一つもらいました(主催特権乱用←

大会主催までの流れ

  • 日程とルールや参加条件を決めてアイキャッチとバナー作成
  • Googleフォームにて申し込みフォーマット作成
  • Twiiterにて情報公開、スタッフ募集
  • 運営に大会主催の連絡、バナー送付
  • スタッフにお願いしたいことまとめ
  • 参加者一覧、トーナメント表作成
  • スタッフ、チーム代表者用Discord作成
  • 関係者各位に当日の流れ説明

大会運営を一度経験済みなのと、先人たちのお力を拝借して、まずはルールなどの土台をしっかり作成。その後、スタッフ募集と運営への報告をしました。

なお、大会支援プログラムについてはこちらから見れますので、気になる方はどうぞ!

ちなみにこの中で一番しんどいのはアイキャッチです。ぼく、絵やデザインのセンスが壊滅的すぎてものすごいパワーを使う…汗

試合について

今回は解説を交えながらだったので、実況しつつも各チームがどのような狙いで動いているのか、今の状況とこれからの攻め方・守り方なんかを意識しながら見れました。

分かったのは、解説のある試合とそうでない試合の理解度は大きく違うってことです。

解説あったほうが絶対楽しいし、理解度も高まる…!ホントpArisさん感謝!翌日WESG出場なのに!笑

あなたも是非アーカイブ見てチェックしてみてね!

うまくできた点

今回は、全大会の3つの課題をしっかりクリアできました!

  1. モデレーターへの指示が不適格⇒事前の打ち合わせを念入りに行った
  2. 遅延配信の有無⇒180秒遅延させた
  3. 棄権に対するルールと対策不足⇒明確・厳格にした

とくに②と③については試合の進行に影響を及ぼすので、対策が出来てよかったです。

あとは試合が始まるまでのルール説明や景品紹介、視聴者へのお願いなどを話したり、少しでも間がなくなるように工夫をしました。

試合と試合の間はどれくらいの時間が空くのか分からないので準備しきれないことが多いんですが、可能な限り事前準備できたんじゃないかなと思います。

そして大活躍だったのがスムーズに試合を進めてくださったぱるさんと、参加者のみなさん。ほんとに感謝しております…ありがとうございました!

嬉しかった点

ほんとに直近の話なんですが、ぼく自身が本格的にゲームキャスターを目指し始めたので、今はとにかく実況したい!という思いがものすごーく強いんです。

そしてもちろん、視聴者にどれだけ楽しんでもらえるか、分かってもらえるか、解説にしっかり触れるかなど色々考えたり学んだりしながら取り組みました。

その結果、Youtubeのコメント欄やTwiiterなどに「実況わかりやすかった!」「面白かった!」というのを思いのほかたくさんいただきまして…嬉しさのあまり泣きそうでした。笑

ほんとにやりたいって思ったことが認められるのはすごく嬉しいですね。

反省点

ぼくは今回実況するにあたってやりたいことがありました。

それは試合中、ヒーロー名で呼ばずに選手名で呼ぶこと。

やはり大会の主役は選手なので、選手名で実況したかった。その方が本人も嬉しいだろうし、ゲーム上に「人」が見えてくるんですよね。

そのためにチーム登録フォームではチーム名とメンバー名の読み方を入れていただき、試合中すぐにヒーロー名書き込んで紐づけできるように、と準備も進めました。

しかし結果として、選手名で呼ぶことが全くできませんでした。

目まぐるしく展開する試合、しかもその時々でヒーローやポジションが違うMOBAというジャンルにおいて、そう簡単にはできないってことが判明しちゃったのです。

敗因は、選手についての調査が足らなかったってこと。

どんな性格の人なのか、どのロールやキャラが得意なのか、実際に話してみたときの雰囲気はどんな感じなのか…など、相手のことを良く知ってる状態でなければ、試合中に名前を呼ぶなんてできるわけがなかったんですよね。純粋に準備不足。悔しい。

次の主催ではここを徹底して直す!

ということでみんな、ぼくと仲良くしてください。笑

あとは単純に状況を見切れてなかったり、適切な言葉を使えなかったり、活舌が微妙だったり…実は反省点だらけ。汗

でも、とにかく楽しかったし、もっといい実況したいって思ったんで、これからも頑張るでござる!

今後の大会運営について

ぼくがこれから一番やっていきたいのは実況なんですが、Vainglory自体めっちゃ面白かったし、自分の為にもみんなの為にも、定期的に続けていきます!

最低でも1シーズンに1回、できれば2回やりたいですね。5v5だけじゃなく3v3もやる!

TwiiterでもYoutubeコメントでも非常に盛り上がってたし、まだまだVaingloryはこれから伸びるよ。ってか伸ばすし!

あと、大会は開きたいけど方法が分からないとか、主催したいけど実況できないとか、運営はしたいけど配信環境ないとか…何か悩みがあったらTwiiterのDMで気軽に聴いてください!可能な限りお手伝いします!ノウハウは惜しみなく提供する所存です。

大会を終えての感想

反省点はあるけど、大成功だったと思ってます。

最高に熱い試合を見れて、誰もが勉強になる解説も聞けました。コメント欄も温かく、Vaingloryめっちゃ面白いじゃんって思ってもらえる企画になった!

みんな大会に飢えてるんだよね。だったら開いて盛り上げるのが俺の役目だ←

カジュアル勢には毎週やってるプラベ、もっとやりこんでる人には大会という環境を提供して、少しでもみんなが楽しめる場を作れたらいいな!

ということでこれからも色々やってくんで、ご協力と応援お願いします!

今日はここまでっ